反日で中韓に日本は反省・謝罪の必要無し

 日本政府はさまざまな場面で、中国や韓国に対して反省・謝罪を表しており、もう頭を下げまくる
のは、弱音を見せ付けるだけ、政府や外務省は今回は”強気”で出る。いつまでも過去にとらわれては日中・日韓の友好は明日が無いからだ。教科書の修正や竹島問題や資源開発の領土問題
そして日本の常任理事国入りと次から次へと注文をつけてくる。
 それにしても今回はインターネットが反日デモを拡大させたのだから改めて、ネットの危険性に
触れたと思う。”広東愛国志願者ネット”がこの反日デモを拡大の原因か?
今回のデモは’89天安門事件以来の最大級のデモらしい。中国政府は、デモは禁止しない方向に
そもそも若者に反日を教え込んだのも中国・韓国の悪の政府では、ないだろうか。
中国・韓国の政府に対する怒りが日本に対する反日感情に当てられたのではないだろうか。
”台湾”を見習って親日に向かってほしい。

ー本日中国関連株下げー
鉄鋼・海運・など中国関連がさげました。
奥田経団連会長は各企業は反日のリスクをわきまえて、中国に進出している。
少し時間がたてば沈静するとの見方

"反日で中韓に日本は反省・謝罪の必要無し" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント