天安門事件の第二幕が反日デモで再び燃えるのでは

 町村外相わざわざ中国まで行って謝罪しているのに
町村外相「深刻な反省と謝罪を表明する。」と発言しているにもかかわらず、
謝罪は不十分・・・・と中国政府は受け入れない方針
歯を食い縛り町村外相もよく頑張っています。
 胡錦濤国家主席がアメリカのメディアにインタビューで
反日デモで天安門事件の再発を懸命と答える
「第二の天安門」の恐れが伺える
天安門事件は思い出せば恐ろしいほど
天安門広場で市民や学生が民主化を求めて集まり
その群れがたちまちの内、戦車(政府の軍)により踏み潰されてしまった。
TVだったが戦車が前に進んでは人間を踏み潰しまたバックして踏み潰し
目を疑ったほどの出来事 世界中の人々を驚かせた
同じ中国人であったはず・・・・・・
それから10年ほどで中国は勇ましい高度成長を成し遂げて
中国の人々は天安門を忘れたかの様に思われたが
反政府デモをする事は命に係わる
まずは反日デモから燃え上がって
さらに燃え上がった時が民主化のチャンスが到来可能かもしれない。
シナリオの最後はさようなら中華人民共和国

 

"天安門事件の第二幕が反日デモで再び燃えるのでは" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント