日本の技術後退 JR西日本

 もっとも事故が起きにくい日本の鉄道で事故発生と海外のメディアがJR西日本の事故を取り上げている。運転手のミスにしろ脱輪する線路の設計上のミスか車両の技術ミスが重要の鍵を握っていると思うこれだけ科学が発達しているのだから、事故は予測できなかったのだろうか?
 この前も東武鉄道の踏み切りで鉄道員の自己判断の過ちで死人がでたばかりでしたが、
あれもいちいち手動で指示するからそうなった・・・・もっと日本的な高度な技術が考えられなかった
のだろうか、会社の責任能力と日本の技術の劣化が伺えられる。
 
 ここの所日本の経済はマイナスの方向に進んで明るい話題が少ない
小泉さんは毎日郵政民営化で頭がいっぱいのようだし、経済発展とあまり関連しないような
民営化に力が入っても投資家として小泉さんを支持出来ません。(日本の借金は減少しそうだが)
山崎さんが議員に戻って日本の政治も終わりが近づいたようだ。
民主党は弱くなり真紀子氏が広告塔に立ち上がり。(真紀子氏は民主党は支持していなくとも
言いたい放題の反小泉で民主党に飼われる)支持したい政治家不在の世の中です。

"日本の技術後退 JR西日本" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント