人民元値上げ観測後退で円安に向かう

 今月中旬まで人民元が上げる見方が強かったが、中国が否定して

そのため円が売られて円安が進行した。人民元が上げると円高に向かうとする固定感を

日本政府が否定していますが、人民元があがれば日本経済に大きな影響がでるはず、

一番心配なのは、日本も急にインフレに向かう危険があるので、変動ローンが有る方

金利が上がるかもしれないので要注意でしょう。

急な上げ幅は、日本にとっても打撃があるので、政府も柔軟性が望ましいといっています。

 2006年には、第二のプラザ合意が行われることを嫌気しています。

アメリカの双子の赤字の対策で世界が金融危機に陥ることをもっとも世界は恐れています。

日本もプラザ合意でアメリカにはめられました。今度は中国が危ない。

"人民元値上げ観測後退で円安に向かう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント